交通事故問題

交通事故問題

交通事故の被害に遭われた方へ

交通事故の示談交渉は、医療・事故分析・保険制度などの専門知識を必要とする分野です。
交通事故後の示談交渉では、心身の苦痛と社会生活の支障がある中で行われます。それは不慣れな交渉や手続きの連続となるでしょう。そのため、被害者が正当な損害賠償を得られないことは少なくありません。
交渉相手となる加害者側の保険会社は交通事故の専門家です。また、裁判基準より低い社内基準で示談を求め、専門知識と交渉技術を持って臨んできます。
おおすみ法律事務所ではそういった交渉を被害者に代わって行います。

泣き寝入りせず、正当な損害賠償を勝ち取りましょう!

ひとつでも当てはまる方は、是非、当事務所にご相談ください。

  • 交通事故で大切な家族を失った方(死亡事故遺族の方)
  • 交通事故で重度の後遺障害を負い、示談交渉が困難な方
  • 保険会社の提示ずる損害賠償金額について、判断がつかない方
  • 交通事故の弁護士費用特約に加入している方
  • 交通事故では弁護士に依頼すると賠償額が増えると聞いている方

交通事故の被害者が弁護士に相談・委任する3つメリット

交通事故の被害者が弁護士に相談・委任する3つのメリット

一人で悩まず、まずはお問合わせください。

交通事故の損害賠償請求のポイント

保険会社基準の交通事故の被害金額の認定は裁判基準より大幅に低い。
自賠責・任意保険・裁判の違いの大きさを知ることは重要です。
基準となる損害認定額は大きく異なります。
例)死亡慰謝料の場合
  • 自賠責基準・・・350万~1,300万円程度
  • 任意保険基準・・・1,300万円~1,600万円程度
  • 裁判基準・・・2,000~2,800万円程度

当事務所は裁判基準を基に交渉します。
そのため、弁護士への委任後、交通事故の加害者側の保険会社が提示する金額が大幅に増額される場合がおおいのです。
※被害者の過失割合が大きい場合、過失相殺を限定する自賠責が有利な場合もあります。

後遺症が残る人身事故では、後遺障害の等級認定が重要異議申し立てにより変更されうる。
適切な診断書により適切な等級認定を得る事が非常に重要です。不当な認定は「異議申立」により変更される場合があります。適切な等級認定を得るため、適切な診断書を作成してもらうことが大切になります。
死亡事故は、死亡慰謝料と遺失利益(一生の間に得られた筈の利益)が中心になります。
死亡慰謝料基準は、自賠責350万円(遺族分含めば最高1,300万円)、任意保険1,300~1,600万円、裁判基準は2,000~2,800万円と、大きな差異があります。
遺失利益では、通常67歳まで就労可能として計算します。(高齢者場合、平均余命の半分)
原則として法定相続人が請求しないといけません。
※他の近親者の請求が認められる場合もあります。
交通事故訴訟の判決では、年5%の遅延損害金と約10%の弁護士費用も獲得します。
3,000万円の損害認定で2年後の判決であれば、遅延金300万円(5%×2年)と 弁護士費用約300万円の合計約600万円が加算されます。

一人で悩まず、まずはお問合わせください。

交通事故問題に関する記事

  • 2013.04.08

    【法律情報】物損事故の代車費用について

    1 はじめに 事故車両の修理期間中または新車の買替期間中については、代車費用が認められる場合があります。 2 要件 代車費用が認められるためには、①代車を使用する必要性があること、②代車を実際に使用したこと、が要件とされています。 ①については、事故車両が営業用車両である場合には、原則として代車使用の必要性が肯定されます。 また、自家用車であっても、通勤・通学に利用してい...

    続きを読む

  • 2013.04.08

    【法律情報】物損事故の車両損害について

    1 車両損害の賠償請求 交通事故で車両が損傷が受けた場合、同車両が修理不能であるときや車体の本質的部分に重大な損傷が生じてしまった場合は、事故当時の車両価格と売却代金との差額(「買替差額」といいます)を請求することになります。 この場合、売却代金どころか、逆に廃車費用がかかってしまう場合は、かかる費用についても別途損害賠償請求することになります。 これに対して、事故車両が受けた損傷が...

    続きを読む

PAGE TOP

Copyright © Osumi Law Office. All Rights Reserved.