離婚・男女トラブル

離婚・男女トラブル

離婚問題について

日本での年間離婚件数は約23万件(2013年 厚生労働省調べ)です。
離婚の原因や抱えているお悩みは様々です。

  • 離婚を切り出された
  • 慰謝料や親権についてもめている
  • 養育費が適正な金額か知りたい
  • 相手が突然子供を連れて家を出て行ってしまった
  • 相手が不倫をしている
  • 離婚について、夫婦で合意ができない
  • 手続きの流れや、書類等が分からない
  • 不倫相手に対して、慰謝料の請求をしたい
  • 離婚した相手が子供に会わせてくれない
  • 相手の年金を分け合いたい

離婚問題は慰謝料、財産分与、親権、養育費といった様々な法律問題を引き起こす可能性をはらんでおります。離婚による手続きはとても複雑です。
当人同士で話し合い、円満に解決することが望ましいですが、相手側が素直に従ってくれないケースもあります。
幸せにな人生を過ごすためにも、「離婚を決めた方」も「離婚するか悩んでいる方」も一人で悩まずお気軽に当事務所へお任せ下さい。
初回の無料相談だけで問題が解決し、笑顔で帰られるお客様も多数おられます。

この問題はとてもデリケート。なかなか人に相談し辛く一人で悩み苦しまれる方が多くいらっしゃいます。
弁護士は相談される内容について守秘義務を負っており、口外することはありません。おおすみ法律事務所では守秘義務を徹底しており、社員研修等で定期的に教育・指導を行っております。
そのためプライバシーに関する問題でも気にされずに、安心してご相談ください。

一人で悩まず、まずはお問合わせください。

離婚の流れ

離婚には、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚という手続き上の区別があります。
協議離婚とは夫婦の話し合い、その合意による離婚のことです。離婚届を市区町村役場へ提出することで成立します。
当事者間で離婚について合意できない場合は、離婚調停を申し立てる必要があります。
調停離婚では、離婚に関するあらゆる問題について同時に話し合いを行い解決できます。
調停は話し合いですので、双方が納得する解決が見つからなければ、不成立で終了します。
協議でも調停でも離婚が成立しない場合、裁判で離婚をするしかありません。
離婚を認めてもらうには、法律で定められた離婚原因にあたる事実を主張し、それを証拠で裏付けなければなりません。

離婚の流れ

DV(ドメスティックバイオレンス)について

dvrc02-bg01

付き合っている相手や配偶者から暴力を受けるDV
(ドメスティックバイオレンス)に悩む方は非常に多いと思います。
近年は女性の被害者だけでなく男性の被害者も増えつつあります。
DVは、近年、ドメスティックバイオレンス防止法が改正され、従来は夫婦、元夫婦間での暴力に限定されていましたが、「同居」をしていた(している)恋人間でも適用されるようになりました。
これによって同棲中の恋人や同棲していた元恋人からのドメスティックバイオレンスにも一定の効果が期待できるようになりました。
まずは、何よりも先に、あなたと子どもの安全を確保することが大事です。弁護士や警察その他の専門機関では、随時相談を受け付けています。当事務所は、暴力からの保護、警察への対応要請から、保護命令の申立、離婚手続に至るまで、あらゆる形でDV被害者の救済を支援します。

男女トラブルについて

男女間のトラブルというものは大小様々、絶えることはありません。よくある相談内容として以下のようなものがあります。

  • 元交際相手に裸の写真・動画をインターネットに投稿すると脅されている(リベンジポルノ)
  • 交際相手からのストーカー行為に悩んでいる
  • 一方的に婚約を解消された
  • 男女関係になった相手は実は既婚者だったので慰謝料を請求したい
  • 不倫相手に対して、慰謝料の請求をしたい
  • 不倫相手の子供を妊娠してしまった
  • 不倫相手の配偶者から慰謝料を請求されている

男女間でのトラブルは当事者のみで解決しようとしても感情が先立ってしまい、なかなか解決に至りません。話し合いの期間が長くなればなるほど、どんどんエスカレートすることが多く、解決の糸口が遠くなることも珍しくありません。
弁護士は法律の専門家として、そして第三者という立場から適切な助言を与えることで早期解決を促します。また、説得しても相手がそれに応じない場合などには、訴訟の提起、調停の申立、警察への相談など公的機関を活用し、トラブルの解決を図ります。
相談者(依頼者)が相手と直接やり取りをしなくてすみますので、早期にお互い納得する結論に至る事も十分にあり得ます。
直接交渉できない、直接会うのが怖いという方は一度ご相談ください。
弁護士が必ずあなたの力になります。

離婚・男女トラブルに関する記事

  • 2014.07.11

    【法律情報】離婚事由(5)~「強度の精神病」

     1 はじめに 教会式の結婚式に出席されたことがあるかと思います。 その際、新郎・新婦は、「その健やかなるときも、病めるときも・・・真心を尽くすことを誓いますか?」と問われ、「誓います!」と答えています。 しかし、民法第770条1項4号は、「配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき」には離婚の訴えを提起することができると定めています。 すなわち、「病めるとき」の...

    続きを読む

  • 2014.06.21

    【法律情報】離婚事由(4)~「生死不明」

    1 はじめに 民法第770条1項3号は,「配偶者の生死が三年以上明らかでないとき」には離婚の訴えを提起することができると定めています。 ここにいう「配偶者の生死が三年以上明らかでないとき」とはどのような場合を指すのでしょうか。   2 「生死が・・・明らかでない」の意味 「生死が・・・明らかでない」とは,読んで字のごとく,生存も死亡も確認できないことを言いま...

    続きを読む

  • 2014.06.16

    【法律情報】離婚事由(3)~「悪意の遺棄」

     1 はじめに 民法第770条1項2号は、「配偶者から悪意で遺棄されたとき」には離婚の訴えを提起することができると定めています。 ここにいう「悪意で遺棄」とはどのような行為を指すのでしょうか。   2 「悪意で遺棄」の意味 (1)「悪意」とは ここに「悪意」とは、社会的・倫理的に非難されるような心理状態をいいます。 民法上「悪意」という語は、一般...

    続きを読む

  • 2014.06.05

    【法律情報】離婚事由(2)~「不貞な行為」

    1 はじめに 民法第770条1項1号は,「配偶者に不貞な行為があったとき」には離婚の訴えを提起することができると定めています。 ここにいう「不貞な行為」とはどのような行為を指すのでしょうか。   2 広義説と狭義説 「不貞な行為」の解釈をめぐっては,学説上広義説と狭義説の両論があります。 このうち,広義説は,「不貞とは貞節でないことであり,姦通よりも広...

    続きを読む

  • 2014.05.30

    【法律情報】離婚事由(1)~総論

    1 はじめに 日本においては,「結婚は簡単にできるが,離婚は容易にはできない」などと言われることがあります。 これは,離婚する際には,未成年者の親権者指定や養育費,財産分与など,様々な問題を解決しなければならないことに加え,そもそも法律が定める離婚事由すなわち裁判において離婚が認められる要件が限定されていることに起因するものと考えられます。   2 法律上認められ...

    続きを読む

  • 一覧

PAGE TOP

Copyright © Osumi Law Office. All Rights Reserved.